□■「センター試験(2013/1/19,21)受験してきました」■□

 今年も例年通りセンター試験本番を高校生と一緒に受けてきました。これで現役のときと合わせて6回目。さすがに緊張しませんでしたが、数学だけは別格でした。

 「数学塾」という看板をかかげているので、他の教科はまずまずでも、数学だけは満点近くとらなければ示しがつかない!と思い、手に汗握る120分を過ごしました。結果は、、、数1Aで確率の最後3問を考え違いしてしまい、2点、1点の通り数をきちんと数えることができず、確率→期待値を間違えてしまいました。数2Bではこれも最後のベクトル問題2題をミスです。平行四辺形の面積を求めるのに、三角形の面積を求めてから「2倍」するのを忘れてしまいました。これで数1A91点、数2B96点の合計187点でした。190点を切ったことに自分としてショックで、この一年自分の脳の活性化がされていなかったと改めて反省しました。これからの一年は年齢による衰え?以上に頭を活性化させて、来年こそは悲願の200点をとりたいです。

 数学のほかの分野については、数1A第2問で動く点の話がでましたが、これも最初の面積を求めるまで、そこからは通常の2次関数の問題でした。「動く点?t?」と構えてしまった人は最初でつまずいて後半のいつも通りができなかったかもしれません。第3問は数年前にもでた2つの円の関係です。これは図がこれまでにないような形になり、図をうまく書けないと想像すら難しかったかもしれません。図の特徴をつかまえて、何度も書き直すくらいがいいでしょう。数2Bは例年通りでしたが、第2問のaの4乗=1/4を求めるところでためらってしまったり、第3問の初めてでた数学的帰納法にびびってしまうと、思うように点がとれなかったかもしれません。第4問のベクトルもそうですが、遠回りでもいつも通り解いていくことをこころがけましょう。もちろんそのためには、正確で早い計算力がベースになり、+αが必要です。

 

 なお、他の教科については、散々たる成績なのでコメントは差し控えます。(物理、化学も苦手な分野が点がとれず7割程度でした・・・来年に向けてでなおします)

 

 自己採点の結果は以下です。-------------------------------------------------------------------

 国語  126点 (現代文52点、古漢74点、評論が全くだめでした。漢文は本文を読まずに1問ミス。偶然です)

 数学  187点 (数1A 91点、 数2B 96点)

 英語   97点(この1年英語にはほとんど触れていなかったのでしょうがないです。今年は私生活でも積極的に英語です)

 物理   70点

 化学   65点

 地理   69点

 英語リスニング 28点

 なお、試験中寒いと思いダウンをきたら、前方の学生は半袖でした。今回は年齢のギャップをまじまじと感じてしまいました。頭の中も同じように、血が回らなくなっているようです。これから1年さらに精進します。今後ともよろしくお願いいたします。

「数学塾」 塾長 松川文弥